2019.10.13 21:18

東京湾で12人乗りの貨物船沈没 5人死亡、依然3人不明

東京湾で12人乗りの貨物船沈没 5人死亡、依然3人不明

 川崎市川崎区の東京湾で12日夜、停泊中のパナマ船籍の貨物船「JIA DE」(1925トン)が沈没した。乗組員は外国籍の12人で、第3管区海上保安本部(横浜)は13日、9人を救助し、うち中国籍の男性(49)ら計5人の死亡が確認された。他の4人は命に別条はない。依然として3人が行方不明。

 台風19号の影響で現場付近は風雨が強く、波も高かった。3管は14日もヘリコプターや巡視船などを出動させ、海上や海底に沈んだ船体内を捜索。船から漏れた油を取り除く作業も進める。

 3管によると、乗組員は、船長を含めたミャンマー人3人と、中国人7人、ベトナム人2人。救助された船員は「船内に水が入ってきた」「海に飛び込んだ」などと説明している。

 船は台風接近を受け、10日夜から現場付近に停泊していた。12日午後9時40分ごろ、船舶自動識別装置(AIS)の信号が途絶え、同日午後11時20分ごろ、別の船から「救命胴衣を着た人が3人ぐらい泳いでいる」と通報があった。

 運輸安全委員会は13日、船舶事故調査官2人を担当に指名し、調査すると明らかにした。