2019.10.12 05:02

死者1200人台風に匹敵か…12日夕にも関東・東海に19号上陸

死者1200人台風に匹敵か…12日夕にも関東・東海に19号上陸

台風19号が迫る三重県紀宝町の防波堤には、巨大な波が打ち付けた =11日(AP)

台風19号が迫る三重県紀宝町の防波堤には、巨大な波が打ち付けた =11日(AP)【拡大】

 大型で非常に強い台風19号は東海沖を北上し、12日の夕方から夜にかけて東海か関東に上陸する見通しだ。東日本の暴風や大雨は記録的なレベルに達する恐れがある。気象庁は11日、降水量は1200人超の犠牲者を出した1958年の狩野川(かのがわ)台風に匹敵する恐れがあり、大雨・洪水警戒で最高のレベル5に当たる特別警報を出す可能性があるとした。

 台風19号が大型で非常に強いまま本州に上陸すれば、上陸時の最大風速に関する統計がある91年以降で初めて。

 鉄道各社は12日に大規模な計画運休を実施。首都圏ではJR在来線と東急、小田急、東武、西武など私鉄の大部分で午前中から昼すぎにかけ順次運転が止まる。JR中央線は正午頃、山手線は午後1時頃に運転を取りやめ。東北、上越などJR東日本運行の新幹線は午前9時から午後1時頃にかけ順次運転をやめる。

 JR東日本は在来線、新幹線ともに13日昼頃まで見合わせが続き、線路や設備に被害が出れば、ずれ込む恐れもあるとしている。東京メトロも地上を走る区間を中心に12日午後、各路線の一部で計画運休する。都営地下鉄も一部区間の運転を見合わせる。

 12日の空の便は羽田、成田両空港の発着便が、全日空が全便、日航は早朝便を除く大半が欠航。成田空港では到着客の足止めを避けるため、着陸の受け入れを停止する方向で成田国際空港会社と国土交通省が調整に入った。