2019.10.12 05:00

山口組総本部、組員2人射殺で初の使用制限

山口組総本部、組員2人射殺で初の使用制限

 神戸市の指定暴力団、神戸山口組系組事務所付近で暴力団関係者2人が射殺された事件を受け、兵庫県警は11日、指定暴力団山口組総本部や神戸山口組の本部事務所など11カ所を、暴力団対策法に基づき使用を制限する仮命令を出した。山口組総本部の使用制限は初めて。対立抗争が活発化していると判断した。

 殺人未遂容疑で現行犯逮捕した指定暴力団山口組系組員、丸山俊夫容疑者(68)=鹿児島市=が、偽造したとみられる出版社の名刺やカメラを持ち、銃撃前に週刊誌記者を名乗っていたことが判明。取材を装ったとみられる。事件は10日午後2時40分頃に発生。