2019.10.12 04:00

EXILE・NAOTO、海外映画祭デビュー「お祭り感ビンビン」

EXILE・NAOTO、海外映画祭デビュー「お祭り感ビンビン」

特集:
EXILE
サグラダ・ファミリアを訪れたNAOTO=スペイン・バルセロナ

サグラダ・ファミリアを訪れたNAOTO=スペイン・バルセロナ【拡大】

 【ロンドン10日(日本時間11日)】EXILEの人気パフォーマー3人が世界の映画祭を“ジャック”! 小林直己(34)が英国、AKIRA(38)が台湾、NAOTO(36)がスペインで同日開催された映画祭にそれぞれ登場した。

 AKIRAは短編映画プロジェクト第3弾「その瞬間、僕は泣きたくなった」(11月8日公開)、NAOTOは初主演映画「ダンシング・マリー」(SABU監督、来年公開)のワールドプレミアでそれぞれ高雄映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭に参加。

 6月に台湾女優、リン・チーリン(44)と結婚したAKIRAは、男女が小さな愛を育んでいく短編映画の一篇にちなみ、「自分も毎日の小さな愛を大切にしながら活動したい」と幸せいっぱいに語った。

 先月にフリーアナウンサー、加藤綾子(34)との交際が発覚したばかりのNAOTOは初主演作での海外映画祭デビューに「お祭り感を肌でビンビンと感じた」と勢いのある笑顔を見せた。

  • 蓮池潭を訪れたAKIRA=台湾・高雄
  • サグラダ・ファミリアを訪れたNAOTO=スペイン・バルセロナ
  • サグラダ・ファミリアを訪れたNAOTO=スペイン・バルセロナ
  • スペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭に出品され、会場でカタログを掲げるNAOTO=スペイン・バルセロナ
  • 台湾の高雄映画祭に参加したAKIRA=台湾・高雄
  • 台湾の高雄映画祭に参加したAKIRA=台湾・高雄
  • 台湾の高雄映画祭に参加したAKIRA=台湾・高雄
  • 蓮池潭を訪れたAKIRA=台湾・高雄