2019.10.11 05:04(1/2ページ)

小林幸子、失明危機だった!右目手術は無事成功…しょこたんと元気に“幸子米”脱穀

小林幸子、失明危機だった!右目手術は無事成功…しょこたんと元気に“幸子米”脱穀

網膜剥離の手術で入院したことを明かした小林(中央)。まぶしい太陽の下、眼帯をつけて中川(左)と脱穀に臨んだ=新潟・長岡市

網膜剥離の手術で入院したことを明かした小林(中央)。まぶしい太陽の下、眼帯をつけて中川(左)と脱穀に臨んだ=新潟・長岡市【拡大】

 あわや失明の危機だった-。歌手、小林幸子(65)が10日、恒例となった稲の脱穀作業で新潟・長岡市山古志地域(旧・山古志村)にある「小林幸子田」を訪れた際、先月24日に東京都内の病院で右目の網膜剥離(はくり)の緊急手術を受け、入院していたことを明かした。「担当医から『このままだと失明します』と言われ、びっくりしました」と告白。術後の経過は順調だが、手術も入院も初体験となった。

 「目の病気をしたこともないし、視力も悪くないのに…」

 芸能生活55周年を迎えた元気で明るい演歌の女王が、思わぬ病気に目を白黒させた。網膜剥離は加齢や眼球へのショックなどが原因とされ、眼球の内側にある網膜がはがれて視力が低下。失明の危険もある疾患だ。

 症状が出たのは先月18日前後。右目に飛蚊(ひぶん)症のような症状が出たため21日に病院へ。網膜剥離と診断され、当初は今月に手術する予定だったが、数日のうちに右目だけタピオカのような黒い粒がたくさん見えるようになり、急激に症状が悪化した。

【続きを読む】

  • 眼帯をしながらも脱穀作業を行った小林幸子(左)。初体験の中川翔子は「一粒一粒、こんなにたくましく育って…」と感涙=新潟県
  • 眼帯をつけ中川翔子(右)と脱穀作業をする小林幸子
  • 眼帯をつけ中川翔子(右)と脱穀作業をする小林幸子