2019.10.9 20:15

渡辺謙、ジュリアン・ムーアとのベッドシーンに感慨深げ

渡辺謙、ジュリアン・ムーアとのベッドシーンに感慨深げ

「ベル・カント とらわれのアリア」のジャパンプレミアに参加した渡辺謙(左)と加瀬亮

「ベル・カント とらわれのアリア」のジャパンプレミアに参加した渡辺謙(左)と加瀬亮【拡大】

 俳優、渡辺謙(59)が9日、東京・中央区のTOHOシネマズ日本橋で行われた米映画「ベル・カント とらわれのアリア」(ポール・ワイツ監督、11月15日公開)のジャパンプレミアに共演の加瀬亮(44)と参加した。

 米作家、アン・パチェットの小説「ベル・カント」が原作で、1996年に起きた在ペルー日本大使公邸占拠事件を基に、テロリストと人質の予期せぬ交流を描いた物語。渡辺は南米某国の副大統領邸のパーティーに招かれ、占拠事件に巻き込まれる実業家ホソカワ役で、加瀬はホソカワの通訳を演じた。

 この映画のオファーがあったのは、2001年9月11日の米国同時多発テロ事件の直後。渡辺は「この時期にテロリストが出てくる映画に出るのはどうかと思った」といったん断ったが、実はペルーの占拠事件が起きる直前、ドキュメントの仕事でペルーに滞在していたことがあり、再度オファーを受けたとき「これは運命だな」と出演を決めたという。

 劇中では物語のカギとなるオペラ歌手役の米女優、ジュリアン・ムーア(58)とのベッドシーンも。そのときを振り返り「普段は気のいいおばちゃんだけど、役に入ると妖艶になる。プロフェッショナルだった」と感慨深そう。

 加瀬とは映画「硫黄島からの手紙」(2006年)以来の共演。加瀬は役名がゲン・ワタナベで、実は原作者が渡辺の大ファンであることから付けたという。渡辺は「その役をやらせてくれと言ったんだけど、若い役なので、やらせてもらえなかった。でも、頼もしい後輩がリードしてくれてうれしかったよ」と冗談をまじえて加瀬をねぎらい、加瀬も感無量の様子だった。