2019.10.5 05:03(1/2ページ)

サイテー先生4人組、同僚いじめ尽くし 神戸・須磨の小学校で“子供以下レベル”のあの手この手

サイテー先生4人組、同僚いじめ尽くし 神戸・須磨の小学校で“子供以下レベル”のあの手この手

東須磨小での教員いじめ問題を受け、謝罪する市教委の担当者ら =4日、神戸市内(撮影・尾崎豪一)

東須磨小での教員いじめ問題を受け、謝罪する市教委の担当者ら =4日、神戸市内(撮影・尾崎豪一)【拡大】

 神戸市須磨区の市立東須磨小の20代男性教諭が、先輩の同僚教諭4人に羽交い締めにされて体にカレーを塗りつけられるなどのいじめを受けたと訴え、9月から学校を休んでいることが4日、分かった。市教育委員会は同日会見を開いて経緯を説明、謝罪した。加害側の4人は、他に20代の教員3人にもセクハラなどの行為をしていたことも判明。市教委は現在4人を謹慎させているが、事実関係を調査した上で処分を検討する。

 市教委によると、加害者の教諭は30代の男性3人と40代の女性1人。いじめは昨年から始まったとみられる。被害教諭は、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で別の女性教員に性的なメッセージを送らされた。さらに、4人に羽交い締めにされて激辛カレーを食べさせられ、体にルーを塗られた。激辛ラーメンの汁を目や唇にこすりつけられたこともあった。

 コピー用紙の芯で尻をたたかれ「ハゲ」「ボケ」「カス」などの暴言も浴びた。通勤用の車の上に乗られ、車内で飲み物を故意にこぼされたほか、女性教諭から酒席で飲酒を強要された。

 市教委は「学校側の対応にも問題があった」と話す。今年6月、見かねた別の教員らがいじめを教頭に報告。東須磨小は翌7月、市教委に「トラブルがあったが、校内で解決した」と報告したが、具体的な内容は知らせず、仁王(におう)美貴校長(55)が4人を指導するなどにとどめた。

【続きを読む】