2019.10.5 02:30(1/2ページ)

芸能リポーターの福岡翼さん、4月20日に死去していた…ソフトな口調で梨元さんらとワイドショー全盛期築いた

芸能リポーターの福岡翼さん、4月20日に死去していた…ソフトな口調で梨元さんらとワイドショー全盛期築いた

半年も前に亡くなっていた福岡翼さん。ワイドショー全盛期に活躍し、柔らかい人柄で親しまれた=1998年撮影

半年も前に亡くなっていた福岡翼さん。ワイドショー全盛期に活躍し、柔らかい人柄で親しまれた=1998年撮影【拡大】

 テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」などに出演し、芸能リポーターの草分け的存在として活躍した福岡翼さんが、4月20日に慢性心不全増悪のため亡くなっていたことが4日、分かった。79歳だった。本人の遺志で公表を控えていた。1970~2000年代に、梨元勝さん(10年死去、享年65)らと芸能マスコミの発展に尽力。映画評論もこなす知性派としても知られ、柔らかい人柄を生かした取材力に定評があった。

 梨元さんや前田忠明氏(78)とともに華やかな芸能ニュースでワイドショーの全盛期を支えた福岡さん。ソフトな口調と鋭い質問などで人気を集めたベテランリポーターが、静かに生涯の幕を閉じていた。

 この日、故人と40年来の親交がある芸能リポーター、みといせい子さん(70)がサンケイスポーツの取材に応じ、詳細を説明。みといさんが福岡さんの妹から聞いた話によると、亡くなる2、3日前、福岡さんは親族とレストランで食事する予定だったが現れなかったという。

 心配になった親族は大阪に住む福岡さんの妹に電話。妹が上京して福岡さんの東京都内の自宅に入ると、ベッドの中で眠るように亡くなっていた。福岡さんは大の読書好きで知られ、枕元には読みかけとみられる本が置かれていた。

 葬儀は故人の「もし死んだら、いつの間にか消えているのが良い」という遺志を尊重。親族のみで執り行われ、棺には愛用のペン、原稿、使い込んだカバンを納めた。

 実は福岡さんは2011年に心筋梗塞(こうそく)の手術を受けているが、「自分はあくまでも裏方だから。周りに心配されるのは嫌だ」と、このときも公にせず。3年ほど前から仕事をセーブしており、昨年9月にテレ朝系「ワイド!スクランブル」に出演したが、基本的には読書にふける生活で、1時間のウオーキングなどで健康に留意していたという。

【続きを読む】