2019.9.18 08:42

米政府、スノーデン氏新著で提訴 収益支払い求める

米政府、スノーデン氏新著で提訴 収益支払い求める

 米司法省は17日、米政府による個人情報収集を暴露した元米中央情報局(CIA)職員、エドワード・スノーデン容疑者が17日に出した新著が守秘義務違反に当たるとして、同容疑者と出版に関与した法人などに収益の支払いを求める訴えを起こした。

 司法省は、スノーデン容疑者が出版の際に義務付けられた当局の事前公表審査を経ていないとし「われわれは個人が米国を犠牲にし、富を得るのを許さない」と強調。出版社にも係争中はスノーデン容疑者に売り上げを渡さないよう求める。司法省は出版の差し止めや制限は求めていない。

 新著は、永久の記録を意味する「パーマネント・レコード」のタイトルで、機密暴露に至った経緯などが記されているという。

 スノーデン容疑者は2013年、米国家安全保障局(NSA)による大規模な個人情報収集の実態を暴露。ロシアに政治亡命した。米当局はスパイ活動取締法違反などの疑いで刑事訴追している。(共同)