2019.9.16 18:05

カンニング竹山、木梨からライブ1週間前に出演連絡「ヒロミと俺とアリス歌う」

カンニング竹山、木梨からライブ1週間前に出演連絡「ヒロミと俺とアリス歌う」

カンニング竹山

カンニング竹山【拡大】

 タレント、カンニング竹山(48)が16日、TBS系ラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・0)に生出演。14、15日に行われたロックバンド、氣志團が主催する野外フェスティバル「氣志團万博2019」での裏話を明かした。

 パーソナリティーのフリーアナウンサー、赤江珠緒(44)から「この週末は木梨憲武さんのステージに登場ということでしょ?」と水を向けられた竹山。「1週間前に言われたのね。1週間前の木梨の会に、『俺、行きますわ』って行ったら、『竹山、お前はヒロミと俺とアリス歌う』って言われて」と出演の経緯を説明。ライブでは木梨が担当するレギュラー番組のリスナー100人も登場することになっており、木梨からは「リスナー100人、ステージからはけた後にヒロミとお前を呼ぶから。3人でアリス歌う。『チャンピオン』だ。だから『チャンピオン』覚えておけ」と言われたという。

 そこから1週間、木梨からは連絡もなし。竹山は「自主練」をしていたといい、「その間に木曜かなんかに、一旦、メシ食ったんだけど、そのときにも別にその話もなく」とひたすら放置されていたことを明かした。

 赤江は「竹山さん歌お上手だから。アリスの声も合うでしょ」と話すと、竹山は「(曲を)聴いてるとさ。堀内孝雄さんが上(のパート)歌ってんのよ。サビの時。谷村新司さんがメイン歌ってる」と解説。これに竹山は「変な欲」が出てしまい、「内緒でいきなりハモってやろうと思って」とサプライズを計画したという。

 そしていざ本番。「内緒でやったらかっこいい」という理由から大観衆の前で決行したハモりだったが、「頑張ったよ。頑張って歌ってんだよ。ハモりのとこきて、グラッグラに」と上手くいかず。「だから2回目怖いからすぐにもとに戻した」と笑いを誘った。