2019.9.16 05:03

市川由紀乃が宮古に元気!岩手・宮古市初の復興親善大使、新曲熱唱

市川由紀乃が宮古に元気!岩手・宮古市初の復興親善大使、新曲熱唱

岩手・宮古市の復興親善大使に選ばれた市川は「また一つ、心のふるさとができた」と感激=岩手・宮古市

岩手・宮古市の復興親善大使に選ばれた市川は「また一つ、心のふるさとができた」と感激=岩手・宮古市【拡大】

 歌手、市川由紀乃(43)が岩手・宮古市初の復興親善大使に選ばれ、15日、同市役所の特設ステージで行われた任命式に出席した。

 2011年の東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた被災地を励ますべく、つやのある歌声で復興応援歌「三陸宮古音頭」と「宮古魚介(うお)づくし」(10月25日発売)を軽快なメロディーに乗って初披露。ヒット中の新曲「雪恋華」も熱唱し、1200人を楽しませた。

 市川はさいたま市生まれだが、震災以来、被災地支援を行ってきた。地道な功績が認められ、16年の福島・国見町応援大使に続き、今回も地元から熱烈オファーを受けた。宮古市の復興は順調だが、「皆さんの悲しみは計りしれない。ちゃんと受け止めて、来年は地元の秋まつりで一緒に歌って踊りたい」と力強く宣言した。

 今年は17年以来3度目のNHK紅白歌合戦復帰が期待されており、「年末まで精いっぱい駆け抜けたい」と被災地のためにも晴れ舞台を目指す。

  • 特製の船型山車に乗って、宮古の街も練り歩いた
  • 岩手・宮古市の復興親善大使に選ばれた市川
  • 地元の小学生から花束を贈られた市川由紀乃
  • 岩手・宮古市の復興親善大使に選ばれた市川
  • 岩手・宮古市の復興親善大使に選ばれた市川。隣は山本正徳市長