2019.9.15 22:39

北朝鮮、日米訓練を非難「朝鮮半島と地域の平和と安定を脅かす妄動だ」

北朝鮮、日米訓練を非難「朝鮮半島と地域の平和と安定を脅かす妄動だ」

 北朝鮮の朝鮮中央通信は15日の論評で、米軍と陸上自衛隊による共同訓練について8月の米韓合同軍事演習に続く軍事的挑発だと非難、「朝鮮半島と地域の平和と安定を脅かす妄動だ」と主張した。

 論評は、中国やロシアを念頭に、訓練は北朝鮮だけでなく「地域大国」を制圧しようとする米国のアジア戦略と無関係ではないと指摘。日本は軍国主義復活の好機とみて加担しているとした。

 共同訓練は、8月下旬から九州などで始まった「オリエント・シールド19」。奄美駐屯地(鹿児島県)で米陸軍と訓練を実施するなど南西諸島防衛強化に重点を置いている。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」や内閣機関紙「民主朝鮮」も今月に入り訓練を非難している。(共同)