2019.9.14 08:19

あおりエアガン男、器物損壊容疑で逮捕「腹が立って撃った」

あおりエアガン男、器物損壊容疑で逮捕「腹が立って撃った」

佐藤竜彦容疑者が乗っていたワゴン車から押収されたエアガン(中央)など=愛知県警豊田署

佐藤竜彦容疑者が乗っていたワゴン車から押収されたエアガン(中央)など=愛知県警豊田署【拡大】

 愛知県内の東名高速道路で乗用車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンを発射された事件で、県警は14日、器物損壊容疑でワゴン車を運転していた自称、兵庫県尼崎市、無職、佐藤竜彦容疑者(40)を逮捕した。佐藤容疑者は同日未明、友人2人に付き添われて兵庫県警尼崎東署に出頭した。

 愛知県警によると、佐藤容疑者は「前の車に追いつき、パッシングやクラクションでどいてもらおうとしたが、ブレーキを踏まれてぶつかりそうになり、腹が立って車の中にあったエアガンで撃った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日午前6時55分ごろから約10分間、愛知県の東名高速上り線日進ジャンクション(同県日進市)と上郷サービスエリア(同県豊田市)の間で、名古屋市中川区の男性会社員(23)の乗用車に向けて弾を発射し、車体後部に傷を4カ所つけた疑い。

 ワゴン車は盗難車で、この約1時間20分後に燃料切れのため岐阜県内の中央自動車道上で停車しているのが見つかり、岐阜県警が事情を聴こうとした際に佐藤容疑者が逃走していた。車内からエアガン1丁のほか、弾約2000発が見つかった。

  • 愛知県警豊田署に入る佐藤竜彦容疑者(奥中央)
  • 8日、愛知県内の東名高速道路で、あおり運転をしてエアガンを発射する佐藤竜彦容疑者(被害男性提供)