2019.9.14 05:02(2/2ページ)

紀州のドン・ファン、遺言書に「全財産寄付」 和歌山・田辺市へ総額13億円超

紀州のドン・ファン、遺言書に「全財産寄付」 和歌山・田辺市へ総額13億円超

野崎幸助さん

野崎幸助さん【拡大】

 今後は、市がプラスの遺産のみを受け取る申し立てをし、債務を返済して遺産を確定した上で、55歳年下とされる妻の代理人と分割協議に入る。

 妻には「遺留分」を受け取る権利があるが、市は「故人の遺志を尊重して全額寄付をお願いする」方針。遺留分とは遺言にかかわらず配偶者や子供、親など法定相続人が受け取れる最低限の財産。野崎さんには子供がおらず、きょうだいは対象外のため、妻だけが対象になり、半分を受け取れる。

 市は、寄付の使い道は「白紙の状態」としている。真砂充敏市長は「遺志を尊重することが市民全体の利益につながるものと考えた。法令などに基づき準備を適切に進める」とコメントした。

★紀州のドン・ファン不審死事件

 昨年5月24日、野崎さんが田辺市の自宅で死亡。血液や肝臓、胃などから覚醒剤成分が検出され、死因は急性覚醒剤中毒だったことから和歌山県警が殺人容疑で捜査を開始。6月2~3日に都内にある妻の別宅や、家政婦をしていた60代女性の自宅を捜索したが覚醒剤は見つからず。同7日には、5月6日に不審死し野崎さんの自宅の庭に埋葬された飼い犬の死骸を掘り起こしたが覚醒剤成分は検出されなかった。捜査は継続中。

和歌山県田辺市

 紀伊半島南部に位置する同県第2の都市。熊野古道の中辺路ルート、大辺路ルートの分岐点で「口熊野」といわれる。人口約7万9000人。2019年度一般会計予算は約440億円。特産物は「紀南みかん」「紀州いさぎ(イサキ)」「熊野杉」。主な出身者は片山哲(第46代首相)、浜中治(元プロ野球阪神、ヤクルトなど)、小西博之(俳優)、天童よしみ(歌手)。