2019.9.14 11:24

三谷幸喜氏、浜田雅功に「殺されかけた」過去を明かす

三谷幸喜氏、浜田雅功に「殺されかけた」過去を明かす

浜田雅功

浜田雅功【拡大】

 脚本家で映画監督、三谷幸喜氏(58)が13日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」の中で、お笑いコンビ、ダウンタウンの浜田雅功(56)に「殺されかけた」エピソードを語った。

 この日、ダウンタウンの松本人志(56)、浜田雅功、俳優の坂上忍(52)と女優の夏菜(30)は、三谷氏を交えて酒宴。過去に自身が脚本を手掛けた日本テレビ系ドラマ「竜馬におまかせ!」で主演を務めた浜田について「俳優さんとしては本当に素晴らしい方」と評価したが、「この人に殺されかけた。ひどいんです。本当に死ぬかと思った」と明かした。

 その内容は過去、三谷氏が日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日曜後11・25)に出演した際、「鼻わさび」という罰ゲームを受けることになり、浜田に思い切りワサビを自身の鼻にねじ込まれたというもの。

 三谷氏は「これ実験してなかったんでしょ?」と聞くと、松本は「してたと思うんです。多分、試したって、それはADがADにやるので。ある程度の加減があって。浜田は本番になったら…」と返すと、三谷氏も「(わさびチューブを)ギューッ!!ですからね」とうなずき、松本は「ほぼ全部入りましたもんね」と笑いながら振り返った。

 「2週間たってから(ワサビが)出てきた」という三谷氏は「しかも許せないのは、危険だとわかったから、この後やってないでしょ?」と質問。松本は「あれ以降、鼻わさびはNGになりました」と返答すると、三谷氏は「なんで僕で実験するんだ」と恨み節。浜田は終始、爆笑していた。