2019.9.14 05:02

欽ちゃん2世をドンと見に来い!78歳萩本欽一が“最後の挑戦”「体で笑わす術を伝授したい」

欽ちゃん2世をドンと見に来い!78歳萩本欽一が“最後の挑戦”「体で笑わす術を伝授したい」

欽ちゃんの“黄金の笑い”の継承は誰に!? =2018年撮影

欽ちゃんの“黄金の笑い”の継承は誰に!? =2018年撮影【拡大】

 コメディアンとして今年、還暦を迎えた萩本欽一(78)が22、23日に東京・アトリエファンファーレ高円寺で公開オーディションを開くことが13日、分かった。

 1998年にタレント、はしのえみ(45)が受けた主宰劇団「欽ちゃん劇団」のオーディション以来、21年ぶり。浅草の軽演劇文化を託す最後の後継者の育成に乗り出す。

 あと2年で80歳になる欽ちゃんが、体が動くうちにステージで直接、指導をすることを考えて“最後の挑戦”を決断。対象者は「先輩から『体で覚えるのは22歳まで』と言われた」という自身の経験をもとに、15~22歳の男女に絞った。

 オーディション料は無料で、書類選考、面接を通過した人が22、23日の本戦へ。両日とも午後3時開演で一般の観覧(有料)が可能。欽ちゃんも自ら審査に加わる。合格者は劇団の入学金と、欽ちゃんの特別講座が無料になるという太っ腹だ。

 欽ちゃんは「楽しかった人生を同じように繰り返してくれる人を育ててみたい。私の体の中にある“体で笑わす”術を伝授したい」と力説。

 8月に放送されたNHKBSプレミアム「欽ちゃんのアドリブで笑」では、元SMAPの香取慎吾(42)や女優、高畑淳子(64)らに稽古をつけ話題になったばかり。“黄金の笑い”の継承者に選ばれるのは誰か。

  • 欽ちゃんの“黄金の笑い”の継承は誰に!?=2018年撮影