2019.9.13 05:02

【退任一問一答】前澤氏「お互いの弱点を補う結婚のよう」

【退任一問一答】

前澤氏「お互いの弱点を補う結婚のよう」

サプライズで登場したソフトバンクグループの孫正義会長(左)と握手するZOZOの前澤友作前社長=12日午後、東京都目黒区(撮影・古厩正樹)

サプライズで登場したソフトバンクグループの孫正義会長(左)と握手するZOZOの前澤友作前社長=12日午後、東京都目黒区(撮影・古厩正樹)【拡大】

 ヤフーは、インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)を株式公開買い付け(TOB)で子会社化し、傘下に収めると発表。

 --ZOZOがヤフーの子会社になるが

 「お互いの弱点を補う結婚のような提携だ。21年間社長を務めたが、最後に一番大きな決断をできたことをうれしく思う」

 --ZOZOに愛着もあると思うが、退くにあたり後悔はないか

 「悩んだ。『無責任』という意見があるのも予想していた。ただ、現場の一人一人が裁量を持ち、チーム力の高い組織に変わっていかないといけない。そういった意味でも潔く退くことにした。『経営者は孤独』といわれるが、最後の最後でこの決断をしなければならず、初めて『孤独』と感じた」

 --第二の人生ということで、剛力との結婚は? 今回の件について相談したのか

 「プライベートな話はまた別の機会に。『経営者は孤独』と話したように、家族、弟、子供たちにすらいえずに悩んだ。簡単にできる話ではない」

 --今後については

 「2023年に月に行く前に1回、宇宙に行く。体を鍛え、英語やロシア語を勉強する。ただもうかるのではなく社会に役立つビジネスを新たにしたい」