2019.9.13 20:33

中井貴一が主演映画を珍アピール「忘れて結構」

中井貴一が主演映画を珍アピール「忘れて結構」

あいさつする(左から)石田ゆり子、中井貴一、ディーン・フジオカ=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)

あいさつする(左から)石田ゆり子、中井貴一、ディーン・フジオカ=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 俳優、中井貴一(57)が13日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画「記憶にございません!」の初日舞台あいさつに出席した。

 史上最低の支持率を記録し、石を投げられて記憶喪失になった総理役の中井は「映画を見たことは忘れていただいて結構。『記憶にございません!』と連呼しただけで宣伝になりますので」とアピールした。

 女優、木村佳乃(43)は日系の米女性大統領を演じ、「ヒラリー・クリントンさんの演説をユーチューブでたくさん見て研究しました。顔は(元英首相の)サッチャーさんがいいなと(監督から)言われました」と役作り秘話を披露。三谷幸喜監督(58)は「ジャック・ニコルソンにも断られ、トム・ハンクスにも断られ、木村女史しかいないなと」と起用理由を明かして笑いを誘った。

 舞台あいさつには他にディーン・フジオカ(39)、石田ゆり子(49)、草刈正雄(67)、佐藤浩市(58)、小池栄子(38)、斉藤由貴(53)、吉田羊(年齢非公表)、お笑いコンビ、ジャルジャルの後藤淳平(35)ら豪華キャストが集結した。

  • あいさつする(左から)小池栄子、木村佳乃、三谷幸喜監督=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)