2019.9.13 13:26

マンガ家・永井豪氏が“キューティーハニー”の高崎かなみとコラボ

マンガ家・永井豪氏が“キューティーハニー”の高崎かなみとコラボ

特集:
サンスポGoGoクイーン
  • 「画業50年“突破”記念永井GO展」の内覧会に出席した左から高崎かなみ、永井豪氏=東京・上野の森美術館
  • 愛の戦士「キューティーハニー」に扮した初代GOGOクイーングランプリの高崎かなみ(左)から「ハニーフラッシュ!」を受ける永井豪氏=東京・上野公園の上野の森美術館(撮影・酒巻俊介)
  • 内覧会でポーズをとる愛の戦士「キューティーハニー」に扮した初代GOGOクイーングランプリの高崎かなみ(左)と永井豪氏=東京・上野公園の上野の森美術館(撮影・酒巻俊介)
  • 内覧会でポーズをとる愛の戦士「キューティーハニー」の初代GOGOクイーングランプリの高崎かなみ(左)と永井豪氏=東京・上野公園の上野の森美術館(撮影・酒巻俊介)
  • 内覧会でポーズをとる愛の戦士「キューティーハニー」に扮した初代GOGOクイーングランプリの高崎かなみ(左)と永井豪氏=東京・上野公園の上野の森美術館(撮影・酒巻俊介)
  • 「永井GO展」仕事場再現コーナーの机で、愛の戦士「キューティーハニー」に扮した初代GOGOクイーングランプリの高崎かなみ(左)とポーズをとる永井豪氏=東京・上野公園の上野の森美術館(撮影・酒巻俊介)

 「ハレンチ学園」や「デビルマン」「キューティーハニー」など多くのヒット作で知られるマンガ家、永井豪氏(74)が13日、東京・上野の森美術館で14日に開幕する「画業50年“突破”記念 永井GO展」(29日まで)の内覧会に出席。初代サンスポGoGoクイーングランプリの高崎かなみ(22)が“GO”つながりで駆けつけ、キューティーハニーのコスプレ姿で祝った。

 高崎が主人公が変身するときのかけ声「ハニーフラッシュ!」と叫ぶと、永井氏は「やられた~」とばかりにタジタジのポーズをとるなどユーモラスに盛り上げた。

 永井氏は1967年にギャグ漫画「目明しポリ吉」でデビュー。今年7月にはフランス政府から芸術文化勲章「シュバリエ」を授与されるなど、世界的評価も高い巨匠として知られ、現在は「ビッグコミック」(小学館)で「デビルマンサーガ」を連載中だ。

 同展では永井氏の貴重な生原稿など約600点を展示。永井氏は「50年にわたり、ただひたむきに書き続けた作品。マンガ家としての存在証明をしたいという思いで、必死にやってきました」としみじみ語っていた。