2019.9.12 05:04(1/2ページ)

進次郎環境相、いきなりたっぷり育休トーク「妻の不安払拭」

進次郎環境相、いきなりたっぷり育休トーク「妻の不安払拭」

初入閣した小泉進次郎氏(中央)。再改造内閣の“主役”となった=東京・千代田区 (撮影・萩原悠久人)

初入閣した小泉進次郎氏(中央)。再改造内閣の“主役”となった=東京・千代田区 (撮影・萩原悠久人)【拡大】

 第4次安倍再改造内閣が11日、発足した。安倍晋三首相(64)は会見で「安定と挑戦の内閣だ」と宣言した。19人の閣僚中、17人を交代させ、初入閣は13人。目玉は環境相に起用された初入閣の小泉進次郎元復興政務官(38)だ。小泉氏はフリーアナウンサーの妻、滝川クリステル(41)が来年1月に第1子を出産予定で、注目される育休取得について前向きに検討する構え。初入閣の橋本聖子自民党前参院議員会長(54)は五輪相兼女性活躍担当相に起用された。

 まさに時の人-。環境相で初入閣。再改造内閣の話題をさらった進次郎氏は11日午後、記者団の取材に応じ、安倍首相からは9日に入閣要請の電話を受けたと明かした。

 「ありがたい機会をいただいたと感謝している。まさに挑戦だと思うので頑張ります」

 小渕優子元少子化担当相(当時34歳9カ月)、野田聖子元郵政相(当時37歳10カ月)に次ぐ戦後3番目の若さでの大臣就任。2015年には入閣の打診を時期尚早だと断ったこともあったが、今回は「理屈じゃないですね。(心境が)やっぱり違う」と説明した。

【続きを読む】

  • 記者会見する小泉進次郎環境相