2019.9.12 05:02

松坂桃李ら公道封鎖しレッドカーペット 京都・東本願寺で初の野外上映会

松坂桃李ら公道封鎖しレッドカーペット 京都・東本願寺で初の野外上映会

東本願寺で「HELLO WORLD」京都プレミアに出席した(左から)浜辺美波、北村匠海、松坂桃李=京都市内

東本願寺で「HELLO WORLD」京都プレミアに出席した(左から)浜辺美波、北村匠海、松坂桃李=京都市内【拡大】

 アニメ映画「HELLO WORLD」(伊藤智彦監督、20日公開)の公開記念イベントが11日、京都市下京区の東本願寺で行われ、声優を務めた俳優の北村匠海(21)、松坂桃李(30)、女優の浜辺美波(19)が出席した。

 内気な高校生が10年後の自分と、未来で命を失う恋人の命を救おうと奮戦する物語。舞台が2027年の京都であることから、劇中にも登場する東本願寺前の公道110メートルを封鎖してレッドカーペットを設置した。

 午後2時半ごろ豪雨に見舞われ、開始の同6時直前まで中止も検討。結局、雨は止まなかったが、和装の3人が登場すると沿道の1500人から大歓声が起きた。

 「アニメ史上に残る傑作が出来たと自信をもって言えるので、その一歩目が大きく踏み出せそうでうれしいです」

 興奮を隠せない北村は松坂に「皆さんの熱気がスゴ過ぎて、匠海君の汗が止まらない」と突っこまれ、「汗が止まらんのよ! 大変です」とハンカチでふきふき。

 隣で浜辺は「しみじみと、東本願寺ってレッドカーペット敷いてもいいんだぁ~」と涼しげに笑顔をふりまいた。

 その後、境内に設置した縦5・5メートル、横10メートルのスクリーンで同寺400年の歴史上、初の野外上映会。松坂は「とんでもないことをやってのけるなぁ」と感激していた。

  • 左から浜辺、北村、松坂=京都市内