2019.9.4 04:00(1/2ページ)

滝沢秀明氏「ジャニーさんの思いをつなぐ」、堂本光一と裏方で舞台サポート

滝沢秀明氏「ジャニーさんの思いをつなぐ」、堂本光一と裏方で舞台サポート

通算600回公演へ気合が入る左から紫吹淳、美 少年の岩崎大昇、神宮寺、岸、高橋、鳳蘭

通算600回公演へ気合が入る左から紫吹淳、美 少年の岩崎大昇、神宮寺、岸、高橋、鳳蘭【拡大】

 4日にお別れの会が行われるジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川さん(享年87)が作・構成・演出を務めた舞台「ドリームボーイズ」が3日、東京・丸の内の帝国劇場で開幕した。King&Princeの岸優太(23)が主演し、ジャニーさんの後継者である滝沢秀明氏(37)と故人の舞台への思いを体現してきたKinKi Kids・堂本光一(40)が裏方としてサポート。滝沢氏は「僕がジャニーさんの思いをつなぐ」と天国に誓った。

 2004年初演の「ドリームボーイズ」(通称ドリボ)に主演し、今年からプロデューサーとなったタッキーと、主演舞台「SHOCK」でジャニーイズムを知り尽くす光一が裏方として初タッグを組み、天国の恩師に最高の舞台を届けた。

 ドリボはボクシングを通じて青年が友情を育む物語。ジャニーズのトップアイドルへの登龍門的作品で、滝沢氏、KAT-TUNの亀梨和也(33)、Kis-My-Ft2の玉森裕太(29)が歴代の主演を務めてきた。今年から岸が継承し、21日には通算上演600回に達する。

 岸とライバル役のキンプリ・神宮寺勇太(21)のボクシングシーンやフライングなどにジャニーさん好みの演出が詰め込まれた作品。2人はジムトレーニングで体重55キロに絞り、鍛え抜いた肉体美でも魅了した。

 ジャニーさんは7月9日に亡くなる直前まで同作の構想を練っていた。その思いを傍らで聞き、今回の演出をサポートすることになった滝沢氏を支えるべく、光一が演技指導を買って出た。

【続きを読む】