2019.9.1 17:37

照英、始球式で118キロもワンバン投球「30点」

照英、始球式で118キロもワンバン投球「30点」

特集:
始球式
始球式を務める照英=メットライフドーム(撮影・中井誠)

始球式を務める照英=メットライフドーム(撮影・中井誠)【拡大】

 1日の西武-ソフトバンク戦(メットライフ)が「埼玉フェスタ2019」として開催された。

 県の埼玉応援団(コバトン倶楽部)メンバーで来年のオリンピック・パラリンピックの埼玉県での開催をPRする「SAITAMA PRIDE スペシャル PRサポーター」も務めるタレントの照英(45)が、自身初の始球式に登板。118キロをマークしたが内角低めへのワンバウンドとなり、「30点ですね。テレビで見るのとは違ってミットまでが遠い。だいぶ悔しい」と渋い表情。それでも「次の機会があったらスパイクを履いてきます」と笑わせた。

 快進撃を続ける西武には「全力で優勝を勝ち取ってもらいたい。日本一にもなってほしいですね」とエールを送った。

  • 始球式を務める照英=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 始球式を務める照英=メットライフドーム(撮影・中井誠)