2019.8.31 05:03(1/2ページ)

サザエさん役に天海祐希!超豪華な20年後の「磯野家の人々」

サザエさん役に天海祐希!超豪華な20年後の「磯野家の人々」

『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』の出演者(C)長谷川町子美術館

『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』の出演者(C)長谷川町子美術館【拡大】

 10月に放送50周年を迎えるフジテレビ系の国民的人気アニメ「サザエさん」に登場する一家の20年後を描く実写版スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(11月24日放送、後8・0)で、女優、天海祐希(52)がサザエさんを演じることが30日、分かった。また、マスオ役に俳優、西島秀俊(48)、カツオ役に濱田岳(31)、ワカメ役に女優、松岡茉優(24)らが決定。豪華俳優陣が“日本一有名な家族”を演じる!

 教師、弁護士、刑事など多彩なカリスマ・ヒロインを演じてきた天海が、日本一有名な専業主婦・サザエさんを“襲名”する。

 天海がアニメ原作のドラマ実写版に出演するのは初めて。アニメでサザエさんの声優を務める加藤みどり(79)に会って“コツ”を聞いたといい、「演じる上で核になるようなすごくすてきなお話」を参考に新たなサザエ像を作り上げる。

 今回のドラマでは、いつも明るく笑い声の絶えなかった磯野家が20年を経て、家族が一堂に会する機会も減り、カツオら成人した子供たちが社会の厳しさに直面する姿も描く。互いを思うあまり、すれ違う家族の仲を修復しようと、“天海サザエ”が奔走するストーリーだ。

 キャストは44歳のサザエを天海、48歳のマスオを西島、31歳のカツオ役を濱田、29歳のワカメを松岡が演じるほか、23歳のタラオ役に成田凌(25)、70代のフネ役に市毛良枝(68)、74歳の波平役に伊武雅刀(70)が扮する。

 国民の誰もが知るキャラクターに抜てきされた天海は「プレッシャーが半端ないです」と恐縮しつつ、「でも、私にと声をかけていただいたことに少しでも応えられるといいなと思います。何よりもこんなチャンスはないので!サザエさんですよ!!」とテンションMAXだ。

【続きを読む】

  • 1981~85年のサザエさん役、星野知子
  • 1992~96年のサザエさん役、浅野温子
  • 2009~13年のサザエさん役、観月ありさ