2019.8.28 20:48

平松愛理、名曲「部屋とYシャツと私」の続編発売「ゼロからものを生むよりも大変だった」

平松愛理、名曲「部屋とYシャツと私」の続編発売「ゼロからものを生むよりも大変だった」

大ヒット曲「部屋とYシャツと私」の続編をリリースしたシンガー・ソングライターの平松愛理

大ヒット曲「部屋とYシャツと私」の続編をリリースしたシンガー・ソングライターの平松愛理【拡大】

 シンガー・ソングライターの平松愛理(55)が28日、東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAでデビュー30周年を記念したニューシングル「部屋とYシャツと私~あれから~」の発売記念イベントを行った。

 平成4年に発売され、累積売り上げ93万枚を記録した大ヒット曲「部屋とYシャツと私」の続編。結婚前の女性の心境を歌った原曲に対し、今作は夫婦として月日を重ねた妻の心情を描いている。

 原作がヒットした後、続編の制作の話が何度も持ちかけられたが、「絶対に無理です」とこれをかたくなに拒み続けてきた。しかし、「結婚してから30年近くたつと色々なことが変わる。世相も変われば、電化製品も変わる。30周年、これを書かないとその先はないという気持ち」で続編の作曲を決断したという。

 原曲の作曲が2カ月だったのに対し、今作は半年の時間を費やした。原曲の歌詞にある「(旦那さんは)嘘をつくとき右の眉が上がる」という言葉を大事に残し、タイトルも原作のまま。平松は「残しておきながら新作を書くのは、ゼロからものを生むよりも大変だった」と作曲の秘話を明かし、自らキーボードを演奏して、生歌唱でファンを魅了した。