2019.8.27 13:46

警察病院から逃走の韓国籍男を逮捕 「もう疲れた」自ら電話

警察病院から逃走の韓国籍男を逮捕 「もう疲れた」自ら電話

中野警察署前に集まった報道陣=東京都中野区(撮影・佐藤徳昭)

中野警察署前に集まった報道陣=東京都中野区(撮影・佐藤徳昭)【拡大】

 警視庁は27日、18日に東京警察病院(東京都中野区)から逃走し、窃盗などの疑いで指名手配していた韓国籍の金●(=さんずいに元)基容疑者(64)の身柄を東京都内で確保し、同容疑で逮捕した。10日間にわたる逃走の足取りなどを詳しく調べる。金容疑者は「もう疲れた。迎えに来てほしい」と自ら中野署に電話してきたという。

 警視庁によると、金容疑者は、すし店で現金を盗んだとして13日に窃盗容疑で現行犯逮捕されたが、その際に負傷し、治療のため釈放された。同病院に入院し、18日朝、トイレに行った際、付き添いの巡査長が目を離した隙に逃走した。

 捜査関係者によると、金容疑者は同日、病院から逃走後にバスで練馬区に移動。その後、JR川崎駅近くのカプセルホテルに宿泊し、翌日に駅で名古屋行きの切符を購入したことが判明していた。

 20日には名古屋市の薬局で起きた窃盗事件の現場付近の防犯カメラに、金容疑者と特徴が似た人物が写っていた。手口も似ており、警視庁は関連を調べている。