2019.8.21 15:42

太田光、N国・立花氏を厳しく批判「やってることヤクザ」 マツコへの口撃は「人格否定」

太田光、N国・立花氏を厳しく批判「やってることヤクザ」 マツコへの口撃は「人格否定」

爆笑問題の太田光

爆笑問題の太田光【拡大】

 お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(54)が20日深夜放送のTBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(水曜前1・0)に出演。TOKYO MXテレビとタレント、マツコ・デラックス(46)に対する抗議のため、東京・麹町の同局へ突撃を繰り返しているNHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志党首(52)に改めて苦言を呈した。

 立花氏は先月29日の「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でマツコが「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」などと発言したことに激怒。今月12日にこの番組を生放送中だった同局前に初突撃。13日には声明動画で番組スポンサーである崎陽軒の名前を挙げ、「崎陽軒のシウマイ大好きだったんですが、マツコ・デラックスが『5時に夢中!』を辞めるまで食べません」と不買運動を呼びかけ、徹底抗戦の構えを見せた。しかし、2度目の突撃となった19日には「マツコへの個人攻撃は控える」「(崎陽軒のシウマイを)新幹線に乗るときは買う」などと話し、態度を軟化させている。

 これまで立花氏の行動や言動に否定的な立場を取ってきた太田は「あいつのやってることヤクザだからね」と改めて痛烈に批判。騒動の発端となったマツコの「なんか気持ち悪い。冷やかしで投票した人も多いでしょ」との発言についても、「言うよそりゃ。いつもの感じで。あの政見放送やっといて。冷やかしを誘い込んでたろ。どう考えても」と見解を述べると、続けて「それを知らないふりして『有権者をバカにして』って。すっとぼけやがってこの野郎」と攻め立てた。

 また、マツコの発言については「『今の時点では気持ち悪いだけ。これからでしょうね』ってちゃんと言ってんだよ」と補足し、立花氏がこれに激怒して「男だか女だかわかんない」などと“口撃”したことについては「完全に人格否定」と強く反発した。

 太田は崎陽軒の不買運動やその後の「言い過ぎました」という態度の変化についても不満があったようで、「『言い過ぎました』じゃないんだよ。それをやったときに支持者はほんとに買わないようにした。お前こそが支持者を振り回してるじゃねえか」とバッサリ。「お前の言葉の重みのなさが、政治家として信用できないだろ。いい加減やめろって」と呼びかけ、「カメラ向けて、突撃しておとしめて。完全にやってることヤクザだよ。あんなんやってたら信用できないよ」と苦言を呈した。