2019.8.20 20:50

陸自試験で集団カンニング 45人停職、教官が漏えい

陸自試験で集団カンニング 45人停職、教官が漏えい

 陸上自衛隊伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市)は20日、大津市の駐屯地で実施された内部試験で集団カンニングをしたとして、21~30歳の男性自衛官43人と、試験問題の保管場所を漏らすなどした男性教官2人の計45人を同日付で停職3~7日の懲戒処分にした。

 伊丹駐屯地によると、昨年7月21日と8月7日、大津駐屯地(大津市)で、第37普通科連隊(大阪府和泉市)や第14普通科連隊(金沢市)、第35普通科連隊(名古屋市守山区)に所属する陸士長計5人が試験問題を不正入手した。

 このうち3人が写真を撮ってスマートフォンのアプリを使って送信し、同僚に拡散した。

 試験問題は教官の陸曹長(47)が隊員らを指導している際に「幹部室の机の中にある」と教えていた。別の陸曹長(45)も不正入手を容認するような発言をしていた。

 試験は陸士長から3等陸曹に昇任するために受ける「課程教育」の一環で、昨年8月8日に実施。