2019.8.16 16:43

としまえんプール事故、死亡女児は全身が遊具の下に 

としまえんプール事故、死亡女児は全身が遊具の下に 

遊園地「としまえん」の子ども向けプール「ふわふわウォーターランド」=16日午後、東京都練馬区

遊園地「としまえん」の子ども向けプール「ふわふわウォーターランド」=16日午後、東京都練馬区【拡大】

 東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで埼玉県朝霞市の小学3年森本優佳さん(8)が死亡した事故で、森本さんは発見時、水面に浮かぶ遊具の下に全身が隠れた状態だったことが16日、警視庁練馬署への取材で分かった。着用していたライフジャケットの浮力により遊具の下で身動きが取れなくなった可能性があり、同署が状況を調べている。

 練馬署によると、森本さんは15日午後1時すぎから父親と子ども向けプール「ふわふわウォーターランド」で遊んでいた。父親が途中で見失い、監視員らが捜して午後2時ごろ、遊具のマット(縦2・5メートル、横5メートル、厚さ30センチ)下の中央付近でうつぶせの状態で見つかった。水深は1・75メートルだった。

 練馬署は16日、関係者から話を聴くとともに現場の状況を確認した。

  • 遊園地「としまえん」の子ども向けプール「ふわふわウォーターランド」=16日午後、東京都練馬区