2019.8.16 16:23

17年ぶり再結成ナンバーガール、RSR公演中止に向井「バカヤロウ、まだ始まっちゃいねぇよ」

17年ぶり再結成ナンバーガール、RSR公演中止に向井「バカヤロウ、まだ始まっちゃいねぇよ」

 8月16、17日に開催を予定していた北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで16日、行われる予定だった野外ロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」の開催が中止となった。台風10号の接近に伴う悪天候が予想されることから、来場客の安全を考慮して決定したもの。

 「RSR」への出演をきっかけに17年ぶりに再結成されたロックバンド、NUMBER GIRLは16日の「SUN STAGE」でトリを務める予定だった。開催中止を受けて、NUMBER GIRLのボーカル兼ギター、向井秀徳は運営するMaturi Studioのツイッターにメンバーとのリハーサル風景の写真を載せて、「俺たち、もう終わっちゃったのかな。バカヤロウ、まだ始まっちゃいねぇよ」と意味深なコメントをつづった。

 NUMBER GIRLはアヒト・イナザワ、向井秀徳、中尾憲太郎、田渕ひさ子の4人組バンド。02年の解散後、向井はZAZEN BOYSを結成するなど、それぞれ別のバンドやソロなどで音楽活動を続けていた。今年2月には向井がオフィシャルサイトに「2018年初夏のある日、俺は酔っぱらっていた。そして、思った。またヤツらとナンバーガールをライジングでヤりてえ、と。あと、稼ぎてえ、とも考えた。俺は酔っぱらっていた。俺は電話をした。久方ぶりに、ヤツらに。そして、ヤることになった。できれば何発かヤりたい」というコメントを掲載し、再結成を発表していた。