2019.8.16 05:02

15県で7000人超が避難 台風10号、西日本上陸

15県で7000人超が避難 台風10号、西日本上陸

台風10号の影響で高知県安芸市の漁港に打ち寄せる高波=15日午前6時

台風10号の影響で高知県安芸市の漁港に打ち寄せる高波=15日午前6時【拡大】

 大型の台風10号は15日、西日本全域を強風域に巻き込みながら北上した。午後3時頃、広島県呉市付近に上陸し、夜には日本海に抜けた。同県尾道市では船から転落した男性(82)が死亡、負傷者も岡山など13府県で40人に上った。総務省消防庁のまとめなどによると、15県で7000人以上が避難所に身を寄せた。

 山陽新幹線は新大阪-小倉間が終日「計画運休」。小倉-博多間は1時間に1本程度の運転となった。岡山、広島、山口各県では在来線も終日運転を見合わせた。

 JR関係者が「新幹線と在来線共に終日運休は初めての経験」とする広島駅は、人もまばら。家族と来日したフランス人のシルバン・シュウさん(54)は「16日に飛行機に乗るため大阪に行く予定だった。航空券の変更も考えなければ」と途方に暮れていた。15日午後、JR西は山陽新幹線を16日は始発から平常運行すると発表した。

 瀬戸大橋線を含む四国のJR全線も終日運休した。東海道新幹線は山陽新幹線との直通運転を取りやめ、上下計55本が運休。東京駅では東海道新幹線の予約状況を示すディスプレーに「空席」が目立ち、目立った混雑はなかった。空の便は日航と全日空で計約480便が欠航した。

 16日にかけて西日本から東日本の太平洋側を中心に大雨が続き、東北や北海道は17日にかけて大雨になる恐れがある。

  • 台風10号の影響で、高波をかぶった漁港の堤防=15日午前6時2分、高知県安芸市
  • 台風10号接近により店舗が軒並み休業し閑散とする三宮センター街=15日午後、神戸市中央区(南雲都撮影)