2019.8.15 14:28

ウナギ弁当完全予約で利益7割増 ファミマ検証、廃棄減で

ウナギ弁当完全予約で利益7割増 ファミマ検証、廃棄減で

 ファミリーマートは15日、食品ロス削減の一環として土用丑の日(7月27日)のウナギ弁当を完全予約制で販売したところ、予約と店頭販売を組み合わせた前年と比べ、店舗の利益が平均で約7割増えたと明らかにした。販売額は約2割減少したが、廃棄費用が大幅に減り利益を押し上げた。

 今年4月に恵方巻き、ウナギ弁当、クリスマスケーキの3品目の完全予約制を打ち出し、初めて効果を検証した。廃棄削減と加盟店の利益増を両立して実現させた結果となり、売れ行きが数日に限定される季節商品の完全予約がコンビニ全体に広がる可能性もある。

 予約は前年より2週間早め6月1日~7月24日に実施した。「上 鹿児島県産うなぎ蒲焼重」(1980円)など4種類を前年と同じ価格で、全店舗で予約販売した。

 その結果、予約件数は前年の約2倍に増えたが、販売額は当日の購入客を取り込めず、約2割減った。一部店舗で自主的に店頭販売をしたため廃棄が生じたが、これまで廃棄費用を負担していた加盟店の利益は約7割増えた。本部の利益は販売促進費の削減で前年並みだった。