2019.8.15 12:43

韓国・文在寅大統領、日本に対話呼び掛けも「不当な輸出規制に立ち向かう」

韓国・文在寅大統領、日本に対話呼び掛けも「不当な輸出規制に立ち向かう」

韓国の天安で開かれた「光復節」式典で演説する文在寅大統領(共同)

韓国の天安で開かれた「光復節」式典で演説する文在寅大統領(共同)【拡大】

 韓国の文在寅大統領は15日、中部の天安で開かれた日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の政府式典での演説で「日本が対話と協力の道へ向かうなら、われわれは喜んで手を結ぶ」と述べ、日本の輸出規制強化問題で対話を呼び掛けた。韓国人元徴用工や旧日本軍の従軍慰安婦の問題には直接言及せず、「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」とも述べた。

 韓国は日本の輸出規制強化を元徴用工訴訟判決への報復と受け止めているが、歴史問題への言及を抑え通商面での対立解消を優先的に進めたい考えを示した。ただ日本が求める徴用工問題での対応に触れず、日本に態度変化を求めたことで日本政府の姿勢が一層硬化する可能性がある。

 文氏は、韓国の製造業が日本製の素材と材料に依存していることを念頭に「自国が優位にある部門を武器とすれば平和な自由貿易秩序が壊れるほかない」と述べ、日本の措置は韓国の経済成長を妨げようとしていると指摘した。

 歴史問題では「日本が隣国に不幸をもたらした過去を省みる中で、東アジアの平和と繁栄を共にけん引していくことをわれわれは望む」と述べた。