2019.8.15 05:00

南風フェーン現象、新潟・上越で今年最高40・3度

南風フェーン現象、新潟・上越で今年最高40・3度

 大型の台風10号の影響で14日は南から暖気が流れ込み、高気圧に覆われ晴れた地域では気温が上昇した。新潟県上越市で午後0時54分に40・3度を記録した。40度を超えたのは今年初。5月26日に北海道佐呂間町で観測された今年の最高気温39・5度を更新した。

 気象庁によると、北陸など日本海側は山越えの乾いた熱風が吹き下ろすフェーン現象も発生、気温上昇に拍車を掛けた。

 また、総務省消防庁は熱中症のため5~11日の1週間に全国で1万2751人が救急搬送されたとの速報値を発表。集計を始めた2008年以降で2番目に多かった前週の1万8347人からは減少したが、今年初めて2週連続で1万人を超えた。搬送者のうち20道府県の23人が死亡した。