2019.8.15 05:05(1/2ページ)

モルック日本代表のさらば青春の光・森田、いざ世界へ!仏へ出発

モルック日本代表のさらば青春の光・森田、いざ世界へ!仏へ出発

モルックに誘ってくれた「サンドウィッチマン」の名前が入ったユニホーム姿で出発した中央左から金井貴史、森田哲矢、みなみかわ=東京都内

モルックに誘ってくれた「サンドウィッチマン」の名前が入ったユニホーム姿で出発した中央左から金井貴史、森田哲矢、みなみかわ=東京都内【拡大】

 お笑いコンビ、さらば青春の光の森田哲矢(37)がフィンランド発祥のスポーツ・モルックの世界大会に出場するため14日、東京・羽田空港から開催地のフランス向けて出発した。モルックは木の棒を投げ、並べられたピンを倒して点数を争う競技で、森田は4月に初挑戦した国内大会でいきなり4位入賞。世界大会は希望者が参加可能で、日本代表に名乗りを上げた人気芸人は見送りで訪れたファンに「死にもの狂いで頑張ります」と必勝を誓った。

 羽田空港には「世界へ羽ばたけ!!」と書かれた横断幕を掲げるファン約20人が集結。森田は新調したジャパンブルーのユニホーム姿で登場すると「日本の悲願である、モルックW杯の頂点に立ちたい」と宣言。アスリートモードで決戦の地であるフランスの避暑地、サモエンヌに向かった。

 モルックは木の棒を投げ、並べられたピンを倒す競技。始めたきっかけはモルック経験があるお笑いコンビ、サンドウィッチマンの富澤たけし(45)で、森田が「趣味を持ちたい」と相談した際に勧められた。

 約30分だけの練習後、4月に初大会となる東京カップに挑戦。いきなり4位の好成績を収めた。自身の意外な才能に気づいた森田は世界大会を目指し、芸人仲間のみなみかわ(36)、お笑いコンビ・タイークの金井貴史(32)らとチーム「キングオブモルック」を結成した。

 この日も出発前、森田の自宅近くにある練習拠点の公園で最終調整。サンケイスポーツの取材に応じた3人はファンの姿に「死にもの狂いで頑張ります」と勇気をもらっていた。

【続きを読む】

  • お笑いのときには見せない真剣な表情でモルックを行う森田
  • モルックの世界大会に出場する左から金井貴史、森田哲矢、みなみかわ