2019.8.15 20:22

映画「ロケットマン」ジャパンプレミアでハリセン近藤春菜が「エルトン・ジョンじゃねーよ!!」

映画「ロケットマン」ジャパンプレミアでハリセン近藤春菜が「エルトン・ジョンじゃねーよ!!」

映画「ロケットマン」のジャパンプレミアに登場したハリセンボン=東京・有楽町

映画「ロケットマン」のジャパンプレミアに登場したハリセンボン=東京・有楽町【拡大】

 英国の伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョン(72)の半生を描いたミュージカル映画「ロケットマン」(23日公開)のジャパンプレミアと舞台挨拶が15日、東京ミッドタウン日比谷で開催された。

 主演の英俳優、タロン・エガートン(29)、デクスター・フレッチャー監督(53)がブルーカーペットに登場。「今までで一番幸せな撮影だった。何よりも音楽が素晴らしい作品になった。日本の皆さんにも楽しんで欲しい」とエガートン。カンヌ国際映画祭や13日に羽田空港に到着した際のファンサービスが“神対応”だと話題になったエガートンは、この日もサインや写真撮影に丁寧に応じ、ファンを魅了した。

 台風10号の接近により、会場を屋外から屋内に変更して開催されたが、映画本編に登場した100万個のスワロフスキー・クリスタルの一部を使って装飾されたフォトパネルが設置されるなど、豪華なイベントとなった。

 会場には、オフィシャルTwitter Liveナビゲーターとして「ロケットマン」の名義で音楽活動を行ってきたお笑いタレント、ふかわりょう(44)が登場。さらに、ブルーカーペットのスペシャルゲストとして、お笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜(36)と箕輪はるか(39)の2人が出席した。

 ツッコミ担当の近藤は、エルトンのステージ衣装のコスプレ姿で登場し、持ちネタの「エルトン・ジョンじゃねーよ!!」を披露。あまりのそっくりさんぶりに「『エルトン・ジョンかな?』って自分でも思う」と自画自賛し、会場の笑いを誘った。