2019.8.15 17:11

高須院長、N国党首を諭す「僕なら迷わず通報。間違ってますか?」

高須院長、N国党首を諭す「僕なら迷わず通報。間違ってますか?」

高須克弥氏

高須克弥氏【拡大】

 美容外科、高須クリニックの高須克弥院長(74)が15日、ツイッターを更新。「マツコ・デラックス氏や東京MXに対する抗議については、今後も続けて参ります」と宣言したNHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志党首(52)を諭した。

 立花氏は、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でのタレント、マツコ・デラックス(46)の発言に激怒し、自身のネット配信動画で「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」と宣言。12日には東京・麹町の同局前に突撃し、マツコらが同番組の生放送中だったガラス張りのスタジオの外で、支援者らと約1時間抗議。警官も出動する騒ぎとなった。15日にはツイッターで改めて徹底抗戦を宣言。「放送法4条に抵触する放送(政治的に公平ではない)をしておいて、このまま無視すればよいという考えはYouTube時代では不可能です」とつづった。

 高須氏はこのツイートを引用し「立花孝志先生に申し上げます。僕は日本では言論の自由が認められていると信じております。不快な言論に対する抗議も自由です。しかし営業中の仕事場にアポイントもなく押し掛け妨害する自由までは認められないと存じます」と指摘。「僕がマツコさんの立場なら迷わず警察に通報します。間違っておりますか?」と問いかけた。

 また、高須氏はこの日、立花氏が13日に行った国政政党設立会見で「MXさんが謝罪するまで、毎週お邪魔する」などと今後も“突撃デモ”を止めないことを宣言したことについて「アポイントなしのお邪魔はいけません。営業妨害ではありませんか。韓国式の謝罪要求示威行動は不快です」と苦言を呈していた。