2019.8.14 13:13

韓国で慰安婦被害伝える式典 文大統領、日本の加害責任に触れず

韓国で慰安婦被害伝える式典 文大統領、日本の加害責任に触れず

14日、ソウルで開かれた従軍慰安婦問題の記念式典に参加した陳善美・女性家族相(右端)と元慰安婦ら(共同)

14日、ソウルで開かれた従軍慰安婦問題の記念式典に参加した陳善美・女性家族相(右端)と元慰安婦ら(共同)【拡大】

 旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、韓国政府が被害の記憶を国内外に伝える記念日と定めた14日、政府主催の式典がソウルで開かれた。記念日を迎えるのは今年で2回目。文在寅大統領は、出席しない代わりに「政府は被害者の尊厳と名誉を回復するために最善を尽くす」とのメッセージを発表した。日本の加害責任には触れなかった。

 一方、文氏は慰安婦問題について「国際社会で共有し広めていく」とも指摘した。式典では陳善美・女性家族相が「慰安婦問題を女性の人権問題として確立させ、歴史の教訓として記憶されるよう後世に教育していく」と述べた。元慰安婦の子が、亡き母親の被害に向き合おうとしなかった自らを恥じ、謝罪する手紙も朗読された。

 日本の植民地支配からの解放を記念する15日の「光復節」を前に、文氏のメッセージの内容に注目が集まっていたが、日本批判はなかった。昨年の式典は中部、天安で開かれ、文氏も出席した。(共同)