2019.8.14 17:19

松井大阪市長、N国党首に苦言「仕事場に押しかけて実力行使はやり過ぎ」

松井大阪市長、N国党首に苦言「仕事場に押しかけて実力行使はやり過ぎ」

松井一郎

松井一郎【拡大】

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長(55)が14日、ツイッターを更新。NHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志党首(51)が12日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でのタレント、マツコ・デラックス(46)の発言を受けて東京・麹町の同局を電撃訪問したことを「やり過ぎ」と非難した。

 マツコは先月29日の同番組でN国党に関して「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」などと発言。これに激怒した立花氏は、同局に突撃すると予告していた。立花氏は12日、同局前から動画を生配信し、6万人超が視聴。マツコとの“直接対決”は実現しなかったが、「もし来週、マツコさんが(番組に)出るようだったら、また来ます」などと宣言し、引き揚げていた。

 立花氏のマツコ“突撃”に、日本維新の会の足立康史衆院議員(53)が13日、ツイッターで反応。この話題を伝えたネットニュースを引用した上で、「本件は明らかにマツコデラックスが一線を超えた。逃げずにN国支持者に謝罪すべきだ。N国はNHKに集中しろとの声もあるが民放も同じ。立花代表はバランス感覚もある」とつぶやいた。

 維新代表の松井氏は、足立氏のこのツイートを引用した上で「マツコさんの発言が一線を超えたとしても、権力者である国会議員が仕事場に押しかけて実力行使するのはやり過ぎです」と立花氏の行動に苦言を呈した。