2019.8.11 22:05

安倍首相、三谷映画に苦笑 消費増税設定で「ちょっとカスったなと」

安倍首相、三谷映画に苦笑 消費増税設定で「ちょっとカスったなと」

新作コメディ映画「記憶にございません!」の試写後に談笑した安倍晋三首相(右)と脚本、監督を務めた三谷幸喜氏(左)=東京・有楽町

新作コメディ映画「記憶にございません!」の試写後に談笑した安倍晋三首相(右)と脚本、監督を務めた三谷幸喜氏(左)=東京・有楽町【拡大】

 安倍晋三首相(64)が11日、東京・有楽町の東宝本社で映画「記憶にございません!」(9月13日公開)の試写を鑑賞後、脚本と監督を務めた三谷幸喜氏(58)と懇談した。

 映画は俳優、中井貴一(57)演じる「史上最悪の首相」が記憶を失い、純朴な「おじさん」になるコメディーで、三谷氏から感想を問われた安倍首相は「記憶にございません!」とニヤリ。続けて「悪い首相の時代に消費税が上げられるという設定があって、ちょっと(自分と)カスったなと」と苦笑。三谷氏は「ムッとしてないですか?」とフォローした。

 今回の試写は、安倍首相が同じ成蹊大出身で親交のある中井が首相を演じると聞いて「ぜひ見たい」と熱望し実現した。