2019.8.6 11:15

ハロプロの新グループはクセがすごい!BEYOOOOONDSが7日にメジャーデビュー

ハロプロの新グループはクセがすごい!BEYOOOOONDSが7日にメジャーデビュー

7日にメジャーデビューするBEYOOOOONDS

7日にメジャーデビューするBEYOOOOONDS【拡大】

 モーニング娘。’19やアンジュルムなどを擁するハロー!プロジェクトの新グループ、BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)が7日にメジャーデビューします。現在のハロプロでは7番目のグループですが、なかなかクセがすごい。

 ハロプロ研修生から選ばれたメンバーで結成された2つのユニット、4人組のCHICA#TETSU(チカ・テツ)と5人組の雨ノ森 川海(あめのもり かわうみ)に、オーディション合格者3人で構成されている12人グループ。ハロプロといえば歌とダンスが売りですが、結成にあたってCHICA#TETSUは「多種にわたる『身体表現』へのアプローチを通して『パフォーマンス集団』の形成を目指す」、雨ノ森 川海は「演劇やコメディの要素も色濃く反映させ、『小劇団』のイメージを持ったグループ作りを目指す」とアナウンスされていました。さらに、オーディションでダンス歴の豊富な2人、ピアノで国際コンクール上位入賞歴もある1人が加わり、全員ひっくるめてBEYOOOOONDSという集合体になります。

 楽曲はたしかに演劇的要素を盛り込んだ楽曲とパフォーマンスが特徴です。メジャーデビューシングルはトリプルA面で、「眼鏡の男の子」「ニッポンノD・N・A!」「Go Waist」の3曲。すでにYouTubeの公式チャンネルでミュージックビデオ(MV)も公開されていて、かなり中毒性が高く、再生回数も順調に伸びています。

 すでに1年前から披露されている「眼鏡の男の子」は通学電車で見かける男子に恋する女の子の話で、寸劇仕立ての奇曲。「ニッポンノD・N・A!」はダンスナンバーに見せかけて、中盤にメンバーによる「未成年の主張」が入ってきます。「Go Waist」はヴィレッジ・ピープルの大ヒット曲「Go West」のカバーですが、女の子がくびれたウエストをめざしてエクササイズに励むという内容に大幅改編。「ビリーズブートキャンプ」のパロディーも満載です。

 先日、わが編集局にメンバーの山崎夢羽さん(16)、江口紗耶さん(16)、岡村美波さん(14)が訪れました。初めて「眼鏡の男の子」を聴いたときについて3人とも「自分もびっくりしたし、家族も驚いてました」と振り返りながらも、メジャーデビューに向けて意欲十分。

 江口さんは「BEYOOOOONDSだからできるすてきな楽曲をもらっていると思います」、岡村さんは「次々とせりふのある楽曲をいただいて、おもしろいなと思ってパフォーマンスしてます」と楽しんでいて、山崎さんは「BEYOOOOONDSだからこそできることを増やしていきたいです」と前向きに語っていました。

 “普通の”アイドルに飽き足らなくなった方はぜひ聴いてみては?(ま)