2019.8.6 05:01

島津悦子、人工股関節の置換手術へ 今月末に仕事復帰

島津悦子、人工股関節の置換手術へ 今月末に仕事復帰

島津悦子

島津悦子【拡大】

 代表曲「酔芙蓉(すいふよう)」で知られる演歌歌手、島津悦子(57)が5日、自身のブログを更新。臼蓋(きゅうがい)形成不全に伴う変形性股関節症のため、14日に人工股関節の置換手術を受けることを公表した。

 赤ちゃんのときの両足股関節脱臼が原因で大腿(だいたい)骨のはまり込む骨盤の臼蓋部分が浅く、「(1988年の)デビュー当時から痛みだし」と述懐。今年に入り寝てても痛むようになり、医師から、このまま手術しないと症状が進行して歩けなくなると診断され、手術を決断した。

 このため13日からリハビリも含め2週間、東京都内の病院に入院。今月末に仕事復帰する予定という。