2019.8.6 18:54

NTT社長「同業者としておかしな取り組み」ファーウェイ製新型スマホ発売を批判

NTT社長「同業者としておかしな取り組み」ファーウェイ製新型スマホ発売を批判

決算会見で説明するNTTの澤田純社長=東京都内

決算会見で説明するNTTの澤田純社長=東京都内【拡大】

 NTTの澤田純社長は6日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が米国の禁輸措置の対象となる中、日本の携帯電話各社が同社製の新型スマートフォンを発売することについて「顧客に迷惑を掛ける可能性が高い。同業者としておかしな取り組みではないか」と批判した。

 東京都内で開いた決算記者会見で言及した。米グーグルの一部アプリが使えなくなる可能性があるとの観測から、NTTドコモは今夏発売の同社製スマホの予約を停止している。澤田氏は現在の米中関係に触れ、禁輸措置が緩和される可能性は低いとの見方を示した。

 一方、KDDI(au)は「サービスの継続性に一定の確認ができた」として8日に新型スマホを発売する。ソフトバンクは6日、格安ブランド「ワイモバイル」で8日に投入すると発表した。

 NTTが6日発表した2019年4~6月期連結決算はドコモの携帯値下げが響き、純利益が前年同期比3・2%減の2805億円だった。