2019.8.5 05:01

40歳の元競走馬・シャルロット死ぬ…人間なら100歳超

40歳の元競走馬・シャルロット死ぬ…人間なら100歳超

元競走馬のシャルロット

元競走馬のシャルロット【拡大】

 国内最高齢のサラブレッド、シャルロットが3日、長野県佐久市のスエトシ牧場で、40歳で死んだ。日本中央競馬会(JRA)が把握する三冠馬シンザンの長寿記録35歳3カ月を2014年に抜き、人間に換算すると、100歳を超えていた。

 シャルロットは1979年5月、北海道で生まれ、85年までアローハマキヨの名前で大井競馬場などで走り、通算61戦2勝。03年ごろから飼育していた同牧場の藤原直樹さん(54)によると、3日午前5時半ごろ、衰弱しているのをスタッフが発見。回復の見込みがないことから安楽死させた。藤原さんは「寂しいが、立派に生きてくれた」と話した。