2019.8.5 05:03(1/2ページ)

吉本“闇営業”問題に『西の女帝』がほえた!上沼恵美子、宮迫をバッサリ「悪い見本」

吉本“闇営業”問題に『西の女帝』がほえた!上沼恵美子、宮迫をバッサリ「悪い見本」

上沼恵美子

上沼恵美子【拡大】

 タレント、上沼恵美子(64)が4日、MCを務める大阪・読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)で、収束の気配がない吉本興業の闇営業問題について“公開説教”を行った。張本人の雨上がり決死隊、宮迫博之(49)を「悪い見本」と斬り捨て、吉本の大崎洋会長(66)にも苦言。売れない若手芸人には「おもしろくなれ!」と一喝。7分間にわたり上沼節が冴えわたった。

 売れっ子タレントの闇営業発覚からお家騒動に発展した吉本興業に“西の女帝”がほえた。

 まずは宮迫とロンドンブーツ1号2号、田村亮(47)の謝罪会見。「温度差があったわ。亮さんはホントにうなだれて、反省して、やつれてた。宮迫さん…元気でした」と2人の対比で笑わせつつ本質に迫った。

 「会見させてくれなかった吉本に対して腹立った、辞めるつもりで出てきてますって言うけど…。あれ、謝罪になってない。あなたは悪い見本を見せたんですよ、後輩に。若手芸人は食べられないって方向にあなたは舵を切ったけど、違う。あなたが嘘をついたんやんか。そしたら、やっぱり(亮と)一緒にやつれてなアカン」

【続きを読む】