2019.8.4 11:00(1/3ページ)

【朝ドラのころ】本仮屋ユイカ(1)自分の名前がどちらか混同するくらい「いつも優と一緒にいた」

【朝ドラのころ】

本仮屋ユイカ(1)自分の名前がどちらか混同するくらい「いつも優と一緒にいた」

特集:
朝ドラのころ
劇中で乗馬シーンに初挑戦した本仮屋(左)と共演の瀬川亮。ヒロイン同様に成長する若手女優の姿は視聴者の共感を呼んだ=2005年撮影

劇中で乗馬シーンに初挑戦した本仮屋(左)と共演の瀬川亮。ヒロイン同様に成長する若手女優の姿は視聴者の共感を呼んだ=2005年撮影【拡大】

 NHK連続テレビ小説の歴代ヒロインに迫る大型連載「朝ドラのころ」の8月は、2005年「ファイト」の本仮屋ユイカ(31)。1154人が参加したオーディションを突破し、初めて10代の女優として全話通しでヒロインを演じた。定番の明るくさわやかな主人公とは違い、家族や友情の問題に悩む姿は話題に。劇中同様に悩みながら駆け抜けた11カ月間の撮影や、両親役の緒形直人(51)、酒井法子(48)との思い出などを全4回にわたり語る。

 初めて受けた朝ドラのオーディションで、「ファイト」のヒロインに選ばれたんです。取材では参加人数をすぐ答えられるように「良い子よ(1154人)」って覚えていました(笑)。

 何度もチャレンジして決まる方も多い中で、私は幸運でしたね。というのも、オーディションではヒロインの優と親友の里夏が会話するシーンに挑戦して…。会場には偶然、私の親友の貫地谷しほりちゃんがいて、一緒に組んで交互に演技をしたので、自然と感情移入することができました。

 オーディション後、しーちゃん(貫地谷)に「ユイカは絶対に受かるから頑張った方がいい」と言われて、本当にその通りに。だからすごくびっくりしたし、うれしかったけど、どこか予感していた部分もあって…。

 しーちゃんに背中を押してもらったと感謝していたので、彼女が2007年の朝ドラ「ちりとてちん」のヒロインに決まったときは、すごくうれしかったですね。

【続きを読む】

  • 本仮屋(前列左から2人目)は、父親役の緒形直人(同左端)や母親役の酒井法子(同3人目)ら共演者に支えられた
  • 朝ドラ72作目のヒロインに決まり、2004年の発表会見で初々しい表情を見せる17歳当時の本仮屋
  • 本仮屋ユイカ