2019.8.3 22:35

東山紀之、少年隊として26年ぶりの紅白出場に意欲「皆さんの心に残っている曲を表現できたら」

東山紀之、少年隊として26年ぶりの紅白出場に意欲「皆さんの心に残っている曲を表現できたら」

NHK「第51回思い出のメロディー」の収録で熱唱する左から中島健人、二階堂高嗣、東山紀之、千賀健永、佐藤勝利=東京・渋谷

NHK「第51回思い出のメロディー」の収録で熱唱する左から中島健人、二階堂高嗣、東山紀之、千賀健永、佐藤勝利=東京・渋谷【拡大】

 少年隊の東山紀之(52)が3日、東京・渋谷のNHKで行われた同局「第51回思い出のメロディー」(17日後7・30)の収録に参加した。

 昨年の妻で女優、木村佳乃(43)に続いて司会を務め、「彼女が平成最後をビシッとやってくれたので僕にオファーがあった。内助の功ですかね」とにっこり。ジャニーズ事務所の後輩、Kis-My-Ft2の千賀健永(28)や二階堂高嗣(28)、SexyZoneの中島健人(25)や佐藤勝利(22)と「仮面舞踏会」を披露し、ソロでは近藤真彦(55)の「アンダルシアに憧れて」を熱唱した。

 少年隊として1993年以来26年ぶりの紅白歌合戦出場について聞かれ、「それはやりたい。ジャニーさんの思いを引き継いで、皆さんの心に残っている曲を表現できたら」と意欲を見せた。