2019.8.1 20:57

保護女児にわいせつ疑いの児相職員逮捕 保護者訴え「昼寝中の女児に容疑者が…」

保護女児にわいせつ疑いの児相職員逮捕 保護者訴え「昼寝中の女児に容疑者が…」

特集:
わいせつ事件簿

 仙台北署は1日、仙台市児童相談所に保護されていた未就学の女児にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で仙台市、児童相談所職員の男(30)を逮捕した。「間違いありません」と認めている。

 逮捕容疑は2月下旬~3月下旬、仙台市青葉区の同児童相談所内で勤務中に1回、女児にわいせつな行為をした疑い。

 仙台市によると、4月22日、女児の保護者が「幼児室で昼寝中の女児に容疑者がわいせつな行為をした」と児相に訴えた。児相は子どもらと接する業務から容疑者を外すとともに、内部調査を開始。同26日に仙台北署に通報した。女児は既に児相を出ているという。

 容疑者は2010年4月に保育士として仙台市に採用され、2カ所の市立保育所を経て、昨年4月に児相に異動し児童指導員を務めていた。

 記者会見した仙台市児相の一條明所長は「児童や保護者、市民におわび申し上げる。昼寝の見守りは女性職員のみで行うなど再発防止に努める」と述べた。