2019.7.26 11:08

韓国向け輸出規制の優遇除外 2日にも閣議決定

韓国向け輸出規制の優遇除外 2日にも閣議決定

 政府が半導体材料の韓国向け輸出規制強化を巡り、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を、8月2日にも閣議決定する方向で調整していることが26日、分かった。政令公布の21日後に施行されるため、8月下旬にも除外される見通し。ホワイト国の指定取り消しは韓国が初となる。

 韓国政府は日本の措置が不当だとして、世界貿易機関(WTO)の一般理事会などで撤回を求めている。除外が正式に決まれば韓国側のこれまで以上の反発は必至で、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など他の通商協議にも影響を与えそうだ。

 政府はホワイト国からの韓国の除外について、貿易管理の国内運用の見直しと説明している。これとは別に、今月4日にはフッ化水素など半導体材料3品目の韓国向けの輸出管理を厳格化した。

 日本は韓国を2004年にホワイト国に指定した。輸出先がホワイト国であれば、輸出企業は手続きの簡略化などの優遇措置を受けられる。