2019.7.20 05:02

京アニへファンが支援の輪…クラウドファウンディングで1億5000万円

京アニへファンが支援の輪…クラウドファウンディングで1億5000万円

 京都アニメーションで起きた放火事件で、国内外のアニメファンらは衝撃と悲しみに包まれる一方、支援の動きが大きなうねりとなってきた。

 「今できる応援は、映画を見たりグッズを買ったりすること」。京都アニメーションが携わった「Free!」の最新作を上映する大阪市の映画館を訪れた大阪府門真市の30代女性は、スクリーンに出た監督やスタッフの名前を見て涙がこぼれた。「悔しさや悲しさ、憤りがあふれ出た」

 ツイッターにはハッシュタグ(検索目印)「#PrayForKyoani(京アニに祈りを)」を付けた投稿がずらり。「京アニは勇気と希望を与えてきた。今度は私たちが力になりたい」

 米アニメ配給会社センタイフィルムワークスがインターネットのクラウドファンディングで募った支援金は19日、当初の目標額50万ドルをはるかに超え、140万ドル(約1億5000万円)以上に。4万人以上が寄付し、「負けないで」のメッセージであふれた。

 在日ベルギー大使館はツイッターに、同国の漫画家によるキャラクター「タンタン」らが涙を流す絵を投稿。米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「世界で最も才能あるアニメーターらが集まる場所の一つ。日本だけの悲劇ではない」とした。

 「映画 聲の形」の舞台となった岐阜県大垣市は同日、募金箱を設置。作品に登場する市総合福祉会館など2カ所で今月末までの予定。漫画やアニメ、関連グッズの専門店「アニメイト」は、全国約120店舗の店頭で順次、募金を始めると明らかにした。